職人が高さ3メートルのリフトから落ちて重症しかも後遺障害!傷害保険の保証は?(その2)

上のタイトルでお話したその後の経過についてご紹介しますね。

スポンサードリンク

今回は職人さんの会社がどのような保険に入っていたのか・・・・・

<建設業用傷害総合保険> でした。。

その名のとおり、建設業者さんが加入できる就業中(仕事中のみ)の傷害保険です。

そして、契約の保険金は、

死亡・後遺障害: 50,000,000円

入院1日:      10,000円

通院1日:       5,000円

休業1日:       5,000円

その他特約として、熱中症や手術費用などもついています。

この保険は公的な労災保険に加入していなくても、保険金が出ますので建設業者さんから重宝されている傷害保険でもあります。

スポンサードリンク

さて、転落事故に遭った職人さんは今は後遺障害でお仕事ができていません。

幸い公的な労災保険も適用となったので国からは年金扱いとして支給されます。

そのほかに今まで保険金として支払った額は365万円で、

今回お医者さんから後遺障害の認定がおりて、「4級」と診断されました。

この後遺障害の計算方法は、契約したときの「死亡・後遺障害」の保険金額により計算されます。

1級は保険金額の100%から始まって14級まで細かく決まっています。

後遺障害の計算方法

この表によると「4級」は3450万円となります。

こちらが決定となりましたので、通常は職人さんにはこの金額すべてが支払われることになります。

ですが、今回は、契約者はあくまでも職人さんが勤めている会社で、法人特約(会社が保険金をもらう)がついています。

ので、会社へ入金となり、その金額をどのようにするかは会社が決めることです。
*会社の規定などにより、先に金銭を渡している場合があるからです。

法人特約がついていない場合は会社が先に支払っていても職人さんに全額支払われます。

アリーヤの代理店では、会社のいろいろな規定にあわせて保険のご加入を提案していっていますので、契約はお客様の判断でお決め頂いています。

が、もちろん契約前にベストなアドバイスもさし上げています。

契約して頂くのもうれしいのですが、今回の事故のように、事故はいつおこるかもしれません。…

早朝の暗い夜道、横断歩道で寝てた酔っ払いを轢いちゃったら。。!?

アリーヤが現在かかえている事故は何件もありますが、そのうちいくつかの事故はニュースなどに流されたり、ネットで噂になっていたりして残念ながら検索すればでてきてしまうので、もう少し時間がたってからご紹介しましょう。

スポンサードリンク

今回は既に15年が経過しており、当事者さんもきっともう落ち着いていらっしゃると思いますので、注意の意味でご紹介します。

今日あたりからお盆の帰省で道路はどこも混んでいるようですね。

この事故は、年末年始の帰省時に起きた自動車事故です。

帰省時は道が混むので、家族で早朝(冬はまだ暗い)車で出発しました。

道路は空いていてスイスイ進みます。

おまけに信号はほとんど「青」です。

ある交差点で信号が「黄色」にかわりそうだったので、ちょっとスピード出しました。

もちろん交差点ですから、ほかの車が来ていないかも確認しつつ・・・・

すると「ボーーーン」となにか岩のような硬いものを踏んだ感触です。

横断歩道の上になにか?

物が落ちていたのか?

犬とか猫とか小動物?

横断歩道

降りてよく見てみると「人間」です。

完全に轢いてしまってます。

あわてて110番して警察に説明して、なにがなんだかわけがわかりません。

スポンサードリンク

後でわかったことは被害者は大学生の男子生徒で、年末のクラブの飲み会でひたすら酔っぱらってしまい、横断歩道の上で寝てしまっていたようです。

それでも運転手は「前方不注意」による自動車死亡事故の加害者です。

もちろん過失は被害者にもありますが、やはり賠償はすることになります。

自動車保険は示談交渉権がついている保険ですので、保険会社が加害者にかわり被害者家族と対応となります。

今回の場合は家族の方も悲しいことではありながら、運転手に迷惑をかけたと思ってくれていたので、加害者はお葬式に出て、ご家族に謝ることができました。

が、そんなことは稀です。

たいていの場合、怒りがおさまるはずがありません。

大事な子供が亡くなってしまったのですから・・・・・

こういう場合保険会社も代理店もお葬式にでることは止めます。

そのために示談交渉があるのですから。

加害者家族は帰省をあきらめました。

それどころではありませんものね。…

交通事故や損害事故を避けるために対策すべき重要5項目とは

スポンサードリンク

① 横断歩道での信号待ちの時、道路際から3~5歩後ろに立つ

横断歩道では走行中の車がなにかあって歩道に突っ込んでくることがあります。

そんなとき、後方にたっていればすぐに逃げられます。

② 高所での工事している場所は避けるか、常に注意する

解体工事や改修工事など最近は高層マンション等が多いため、上からものが落ちてくることがあります。

小さな工具ひとつでも高所から落下してくればその威力は殺人的でもあります。

③ 運転中は常にスピードを出している車に注意する

ほとんどの事故はスピードによるものです。

巻き込まれないようにするためには極力近くには寄らないことです。

スポンサードリンク

④ 対向車線が渋滞のときは、車の間から人がでてくるかもしれないと思う

対抗車線が渋滞で、当方車線がガラガラでついついスピード出しがちですが実はこれがとても危ないのです。

お年寄りや子供などが急に出てきたりします。

死亡事故はひんぱんに起こっております。

また自分が歩行者の場合も気を付けて渡らなければなりません。

ちゃんと横断歩道を渡れば問題のないことです。

⑤ バスやタクシーには注意する

バスやタクシーは人を乗せています。

人が降りた後に事故が起こっています。

バスの場合は死角になる場所があり、人がいないと思って走行してみるとびっくり急に前に人がたっていて、はねてしまったというケースがあります。

 

アリーヤが実際に仕事で扱ってきた事故の多いものだけを抜粋しました。

小さな事故はたくさんあり、ほんとは5項目で収まりはつきませんがまずは、みなさんに気を付けていただきたいことをまとめてみました。

スポンサードリンク

保険金の査定が甘いタイミングはいつ?

スポンサードリンク

保険会社は年度末に向けて、保険金未払いの案件を早く片付けなければ、金融庁から「お目玉」をもらってしまいます。

だから年度末の保険金支払いはいつもより迅速に完了します。

いつもならちゃんと精査して、間違いのないようにきちんと!!

もちろんこれが理想ですが、年度末になると、支払いが終わっていない部分について代理店に連絡が入ります。

賠償事故などで、ちょっと高すぎの請求じゃない?

なんて思うものも、案外簡単に払ってくれます。

アリーヤは難しい賠償事故などは、実をいうと年度末まで待ってしまうこともあります。

小難しいことを言って、少しでも減らして払おうとする保険会社がいとも簡単に「支払完了しました」と連絡してくるのです。

どこの保険会社かは言えませんけどね・・・・

ここだけの話ですよ~

スポンサードリンク

職人が高さ3メートルのリフトから落ちて重症しかも後遺障害!傷害保険の保証は?

工事現場の写真

昨年のある暑い夏の日

建設業に従事している職人さんが暑さのため、少しボーとしたのでしょう。

荷揚げ用のリフトに乗って荷物を高所に移動しているときに、あやまって3メートルの高さのリフトから落下してしましました。

スポンサードリンク

 

「多発骨折」

「脊髄損傷」

「神経因性膀胱」

頭は無事でしたが、身体中ボロボロです。

職人さんはもちろん生命保険に入っていましたので入院、手術については生命保険より保険金が出ます。

そのほか、職人さんの勤めている会社が「業務災害」の傷害保険に入っていました。

この保険はお仕事中にケガをしたときに出る保険です。

労災保険ももちろん適用になりますので、そちらのほうから医療費は出してもらえます。

労災保険からは休業補償もでますから、安心ですね。

労災保険加入は普通、会社は入っていなければなりません。

でも案外入っていない事業所さんてあるんですよね。

また入っていても労災を使いたくない!!という事業所さんもあります。

「業務災害」傷害保険は実は労災適用があろうとなかろうと保険金はちゃんと支払われます。

今回のこの職人さんは、入院が215日、手術2回、通院90日(限度)、休業補償180日(限度)合計で365万円が保険金として支払われました。

スポンサードリンク

実はこの職人さん、とうとう仕事復帰できず、後遺障害まで認定されました。

現在、保険会社の認定待ちですが、後遺障害の級によって最高で3、500万円は職人さんの手に入ることになります。

職人さんは自分の勤めている会社さんが傷害保険に入ってくれてたおかげでかなり助かったと思います。

また会社もこの保険金によって会社からのお見舞金となり、助かったことでしょう。

中にはこんな大きなケガをしたのに、何もしてくれないと会社を訴えることだってありますからね。

アリーヤがいる代理店では事業所さんの仕事にあった保険をおすすめしています。

これまでもいろいろな事業所さんから「助かった」と安心を提供できています。

スポンサードリンク

自動車の保険料が4倍に跳ね上がる事故って!?

これは代理店に相談せずに、直接保険会社に連絡したことにより起こったことです。

スポンサードリンク

自動車保険のご契約者様で、今まで事故は一度もなし!

違反くらいはしていたかもしれませんが、事故など起こしたことない、保険会社にとって大変優良なお客様でした。

ところが、ある日小さな事故を4回も起こしてしまいました。

コンビニの駐車場から出るとき、バック操作を誤って、隣の駐車中の車にドスン(1回目)。

あわてて立て直そうとして、一度止まってハンドルを切り返したら、今度は反対に駐車していた車にドスン(2回目)。

あらあら・・・・・ヤバ!!!

逃げる気はございませんので、一度車から降りてみたものの、このままの状態で駐車しておいては、これから入ってくる車や人に迷惑をかけると思い、また乗り込んで、また車をもとに戻そうとして、最初の車にまたドスン(3回目)。

あ~~~どうしよう!!

パニくってアクセルとブレーキを間違えて踏んでしまい、たまたま入ってきた車にドスン(4回目)。

同じ場所での事故なので、一回の事故と考えてしまいがちですが、一度止まっての切り替えしなので4回の事故になってしまいます。

 

スポンサードリンク

 

哀れ・・・・・自動車保険の無事故等級はあっというまに12等級下がります。

18等級でしたが4等級の割増になってしまい、保険料は4倍近く上がってしまいました。

ですから、クラウンの大型ですから年間9万円ですんだものが、36万円の保険料になってしまったのです。

事故を起こすとたいていの人はあせってしまい、保険会社から、直接、「一度止まって動いたんですね」

といわれると、実際はどうだったか?忘れていても「はい、そうです」と言ってしまいます。

今回の契約者さんもこのように直接、保険会社の人に言われて、そうだと思うといったそうです。

一度止まったほうが良い運転手と思われるかも?といいかっこして、言ってしまったのですね。

大きな間違いでした。

最初の事故のとき、バックを誤って両隣の車にぶつけた(1回目)。

あせってアクセルとブレーキを間違えて入ってきた車にぶつかった(2回目)。

といえば、

せめて2回で済み、等級は1回の事故で3等級下がりますから6等級下がるだけで済んだはずです。

6等級さがれば12等級になり保険料はすこし高くなりますが、倍以上にはなりませんでした。

代理店はそこのところをちゃんと、事故を起こした人の気持ちになってあせらず、ゆっくり話を聞きますから。

せめて代理店を上手に使えばよかったのです。…

事故った!認知症の患者をハネタラ保険金はどうなる!?(その2)

 

 

スポンサードリンク

 

 

しばらくして保険会社の担当からアリーヤに電話が入ります。

担当「ぐずぐずと伸ばしてもまだ因果関係がはっきりしてませんからこの際、ここで打ち切りにしますか?」

アリ「保険会社さん決算期だから、決着つけたい気持ちはわかりますが被害者さんのこと思うと、もう少し待っていただけません?」

担当「わかりました、アリーヤさんがそういうなら待ちます。私も上司から決着早めろって言われてて・・・」

アリ「私から上司さんに連絡しますよ、ちゃんとお願いしますよ」

担当「助かります。じゃ、待つ方向で・・・・」

アリーヤがここで終わらせちゃいましょうって言ったら?

終わります。

そのまま因果関係がはっきりしなければ・・・・

「はい!終了!」

もらえるものもらえなくなっちゃったら・・・・

アリーヤはそれだけはイヤ!

保険金はでるだろうか???

(後日報告しますね。)

 

スポンサードリンク

 

 …

事故った!認知症の患者をハネたら保険金はどうなる!?

アリーヤはいろいろな損害保険の事故を担当していますが、どんな事故にもいろいろなドラマがあります。

先日、信号のない交差点で、自転車が急に横断してきたためブレーキが間に合わず人身事故を起こしてしまいました。

自転車に乗っていたのは、60代後半の男性です。

スポンサードリンク

過失は自転車にもありますが、保険では、弱者のほうが過失は軽減されます。

普通に考えれば、全面的に自転車が悪いみたいですけど、残念ながら、自動車のほうが悪くなるのです。

「予見できたでしょ?」

「自転車見えてたでしょ?」

さて、この自転車に乗っていた男性は救急車で運ばれ、かなり長い期間入院となりました。

「脳挫傷」という診断です。

自動車保険では示談交渉をしてくれますから、保険会社の担当者が全面的にこの男性との話し合いになるのですが、面倒なことに彼は「若年性認知症」だったのです。

つまり「徘徊」しているときの事故だったのですね。

退院したあと、さらに「認知症」が悪化することになりました。

大変なのは奥様です。

スポンサードリンク

本人と話し合いができないので、奥様との話し合いになります。

ここで担当者は奥様の愚痴を聞きつつ、示談にむけて話をすすめます。

ここで問題なのは・・・・・

事故がなかったら認知症はさらにすすまなかったか?

事故がなかったら奥様も苦労しなくてすんでいたか?

保険会社の事故担当がよく使う言葉があります。

「因果関係は?」

つまり事故との「因果関係」が認められれば、認知症の悪化の部分の慰謝料も保険金として出してもらえます。

それを認めるのは、お医者さんです。

この事故に関しては、まだ「因果関係」がはっきりしておらず解決とはなっていません。

奥様のためにも早い解決と保険金支払いを願うばかりです

スポンサードリンク

保険代理店に対して怒ったら損!

ある会社のAさんが仕事中、車で、ダンプのBさんと接触事故がありました。

駐車中のBさんだったので、もちろんAさんの過失は100%です。

お二人とも会社の車です。

スポンサードリンク

アリーヤも丁寧にBさんに電話をして「保険対応となりますので、もしBさんのほうでなじみの修理業者さんがいらしたらそちらに入庫していただけますか?

その際に保険会社のアジャスターがうかがわせていただきます」

この言い方なんかムカつきます?

Bさんは私の言い方に対して

「ムカつく言い方するんじゃねえよ、こっちは仕事で使ってるダンプなんだから修理工場になんか持っていけるわけないだろ!お前が見にこい」

というのです。

スポンサードリンク

「私は代理店なので、保険会社からうかがわせていただきたいのです。もしお時間がなければ、御社で駐車している場所を教えていただければ、仕事場でもかまいませんので伺います」

この言い方間違ってます?

「見にきてる間仕事できないだろ、その場合休業損害もらうからな」

と言われて「ガチャ!」切られました・・・・

しばらくして急に私宛に請求書がファックスで送られてきます。

ダンプの修理代金49万円です。

たかが・・・・ダンプの後ろのほうちょっと壊れただけで????

思わず電話します。

「修理代金の請求書が送られてきましたが、もっていってくださったんですね。おっしゃってくだされば、保険会社の人間をいかせましたが、お忙しかったのですね」

丁寧にいったつもりですが???

「オレは忙しいところ、わざわざ修理の見積もりだしにいったんだ!修理なんてまだしてないよ。忙しいからできるわけなけないだろ、何度言ったらわかるんだ、お前は!

!ホント気に入らないヤツだな」

「は?私がですか?」

「お前だよ!!修理工場にもっていった休業損害1日9万円払えよ」

「払えないですね、言われた金額は払えませんので、書類を用意していただき一日9万円の根拠がないと無理なんです」

「じゃ、おしまい!ガチャ!」

契約者のAさんの会社に連絡して、今回はあちら、おしまいといってますと言ってみるとなんとAさんとBさんの会社は知り合いだったのです。

しかもAさんの会社の下請けがBさんなのでした。

今までのこと全部はなしてみると、Aさんの会社の上司の方がでてきて「ほっといていいよ、こちらも仕事たのまないし、訴訟でも起こしてもらいますか」…

自転車事故での損害

「交通ルールは守りましょう」

車の運転手は必ず左側通行します。

でも・・・・・・

スポンサードリンク

自転車や歩行者は交通ルール守っていますか?

歩行者は右側通行
自転車は左側通行

わかっているんだけど、ついつい曲がりやすいからとか、
目的の場所がこちら側にあるし・・・・・

ま・・・・警察もあまりそこのところ注意はしてないみたいですけど、

アリーヤは事故の担当してからというもの、しっかり守ってますよ。
それって、自分を守ることでもあるんです。

事故があったとき、相手のせいにできますもん!!

先日、自転車の衝突事故がありました。
片方は直線道路左側をゆっくり走行していましたが、
左道路から右側走行の自転車が突然出てきて、ぶつかったのです。

警察に届け出をしましたが、悪いのはもちろん右側走行車です。

お互いにケガをしましたが、保険に入っていなかったため
保険金は何もでませんでした。

でももし、入っていたら、右側走行者なにも出ませんよ。

交通ルールは「道路交通法」という法律で決まっているということを、
お忘れなく!!

そういえば、小学校の遠足で駅に行くため、歩いている小学生の団体が
左側をぞろぞろと歩いていました。

世話焼きアリーナはもちろん、一番前までいって、先生に注意しましたよ。

スポンサードリンク