事故の怖さ

もう10年以上前のことで時効でしょうか

アリーヤが自動車事故の担当中、はじめて経験したことです。

スポンサードリンク

事故は高速道路でのスピード出しすぎにより大型トラックと衝突家族4人での旅行帰りの事故でした。

当然、大型トラックと小型乗用車の事故ですから乗用車のほうがほとんど大破!!
運転していたお父さんはエアバックにより外には投げ出されませんでしたが、ほかの3人(お母さんと子ども二人)は外に投げ出され重症です。

命の危険と隣り合わせ・・・お父さんは軽傷でしたので、病院で妻や子供が手術しているのをドキドキしながら待っている状態です。
これはつらかったでしょうね。

自分に置き換えてみてもほんとに地獄です。

でも・・・・・・・

そのあとにもっと地獄が待っていたのです。

子供たちの輸血のため、お父さんが採血をします。

ところが!!!!!「オーマイゴット~~」

血液型が違います。

これは夫婦の血液型が違う場合、よくあることですが、どう考えてもO型同士の夫婦であればA型が生まれてくるはずはないのに子供たちは二人ともA型だったのです。

??????

お母さんを問い詰めようとしても手術中です。

お父さんは悶々とした時を過ごすことになってしまいました。

その後、誰も亡くなることはなく、お母さんは後遺症が残ったもののなんとか退院することもでき、夫婦の話し合いがやっと始まります。

お母さんはお父さんと結婚する前からお付き合いしていた男性がいたそうです。

結婚後も交際を続けていて、子供ができてしまいましたがお父さんの子供として知らん顔して過ごしていたようです。

まさに、事故がなければそのまま過ごされてこと・・・あのときスピードさえ出さなければ???

いえいえ、いつかそういうことはわかったことでしょう

時期が少し早まっただけでしょう。

その後の修羅場については、事故が手を離れたので知ることはありません・・・
どうか子供たちだけはキズつけないようにしてくださっていればと祈るばかりです。

事故っていろんな意味で怖いと痛感したアリーヤでした。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です