自動車事故で注意すること

自動車事故が起きるとあせります。

誰でもあせります。

よっぽど慣れた方ならあせらないでしょうが・・・・

スポンサードリンク

まずは前に書いたように、自分の車は動いていたか?

お互い動いていたら、自分は悪かったか?

交差点だったら信号の色は?

優先道路?

相手が人だったら歩いていた?

自転車?自転車を押して歩いていた?

つまり少し、他人事のような気持ちになって冷静になることです。

相手が怒っていても、冷静に・・・・・

一緒に怒ったら損です。

事故がおきたらまず、必ず警察をよびましょう

ただ・・・・・・ポイントは・・・・・

もし!駐車場内の軽い事故や、絶対的に自分が悪かったり、

相手が普通の人で話がわかる人であれば警察を呼ばなくても

保険はちゃんと手続きできますから大丈夫です。

警察を呼ぶというのは、人身だったり、相手がヤバいんじゃない?

なんて人だったり、大きな事故っぽいかも!

つまりあとでワサワサもめないようにするための「おまわりさん」って思えばいいのです。

人身事故の場合は絶対的に警察を呼んでくださいね。

保険会社的にいうと後で面倒です。

今の自動車保険は「示談交渉」がついています。

だからといって人身事故やって保険会社におまかせ・・・なんて

誠実さには欠けますよね。

スポンサードリンク

相手が入院してたら一度はお見舞いにいきましょう。

そのときに「保険会社に後はまかせますので、よろしくお願いします」

「お大事に・・・」の一言はいいましょう。

その後は保険会社に「おまかせ」でいいのです。

保険会社に事故の説明をするときは、先に述べたように他人事のような気持ちになって冷静に、ゆっくり状況を思い出して話しましょう。

事故で保険を使うと、「等級」が下がります。

一回の事故で3等級さがり、事故ありの等級の割引率は事故なしの等級より割引が少なくなります。

よく、過失割合でもめることもありますが、正直にいえば過失割合がどうであれ等級は確実に下がります。

ではなぜ、過失割合のことをいうかというと、あなたが事故でケガをして、病院代やら、休業補償やら、いろいろお金がかかったときの、いただけるお金が過失割合によって少なくなるからです。

自動車同士の事故でケガもなく、車の修理代で過失割合をもめるのは・・・・

アリーヤからすれば時間がもったいないと思っちゃうわけですが、人によっては「いや我慢ならん、わしは過失なんてない」とはっきりいっちゃえば面倒なんだな~~~なんてね!

事故は起こさないのが、一番!!

ちゃんと信号は守って!

でもね・・・・たまにいるんですよね

「そこのおばあさん!横断歩道じゃないとこわたらないで!」このおばあさんともし事故が起きたら???

あなたは加害者であり、被害者です。

でも、むかしと違って今は、歩行者でもこうした場合、過失があると認められて過去に、20%しか保障されなかったケースもあります。

アリーナは通行規制はちゃんと守ってますよ!

だってなにかあっても自分は悪くないって胸をはって言えますもんね。。。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です