職人が高さ3メートルのリフトから落ちて重症しかも後遺障害!傷害保険の保証は?(その2)

上のタイトルでお話したその後の経過についてご紹介しますね。

スポンサードリンク

今回は職人さんの会社がどのような保険に入っていたのか・・・・・

<建設業用傷害総合保険> でした。。

その名のとおり、建設業者さんが加入できる就業中(仕事中のみ)の傷害保険です。

そして、契約の保険金は、

死亡・後遺障害: 50,000,000円

入院1日:      10,000円

通院1日:       5,000円

休業1日:       5,000円

その他特約として、熱中症や手術費用などもついています。

この保険は公的な労災保険に加入していなくても、保険金が出ますので建設業者さんから重宝されている傷害保険でもあります。

スポンサードリンク

さて、転落事故に遭った職人さんは今は後遺障害でお仕事ができていません。

幸い公的な労災保険も適用となったので国からは年金扱いとして支給されます。

そのほかに今まで保険金として支払った額は365万円で、

今回お医者さんから後遺障害の認定がおりて、「4級」と診断されました。

この後遺障害の計算方法は、契約したときの「死亡・後遺障害」の保険金額により計算されます。

1級は保険金額の100%から始まって14級まで細かく決まっています。

後遺障害の計算方法

この表によると「4級」は3450万円となります。

こちらが決定となりましたので、通常は職人さんにはこの金額すべてが支払われることになります。

ですが、今回は、契約者はあくまでも職人さんが勤めている会社で、法人特約(会社が保険金をもらう)がついています。

ので、会社へ入金となり、その金額をどのようにするかは会社が決めることです。
*会社の規定などにより、先に金銭を渡している場合があるからです。

法人特約がついていない場合は会社が先に支払っていても職人さんに全額支払われます。

アリーヤの代理店では、会社のいろいろな規定にあわせて保険のご加入を提案していっていますので、契約はお客様の判断でお決め頂いています。

が、もちろん契約前にベストなアドバイスもさし上げています。

契約して頂くのもうれしいのですが、今回の事故のように、事故はいつおこるかもしれません。…

職人が高さ3メートルのリフトから落ちて重症しかも後遺障害!傷害保険の保証は?

工事現場の写真

昨年のある暑い夏の日

建設業に従事している職人さんが暑さのため、少しボーとしたのでしょう。

荷揚げ用のリフトに乗って荷物を高所に移動しているときに、あやまって3メートルの高さのリフトから落下してしましました。

スポンサードリンク

 

「多発骨折」

「脊髄損傷」

「神経因性膀胱」

頭は無事でしたが、身体中ボロボロです。

職人さんはもちろん生命保険に入っていましたので入院、手術については生命保険より保険金が出ます。

そのほか、職人さんの勤めている会社が「業務災害」の傷害保険に入っていました。

この保険はお仕事中にケガをしたときに出る保険です。

労災保険ももちろん適用になりますので、そちらのほうから医療費は出してもらえます。

労災保険からは休業補償もでますから、安心ですね。

労災保険加入は普通、会社は入っていなければなりません。

でも案外入っていない事業所さんてあるんですよね。

また入っていても労災を使いたくない!!という事業所さんもあります。

「業務災害」傷害保険は実は労災適用があろうとなかろうと保険金はちゃんと支払われます。

今回のこの職人さんは、入院が215日、手術2回、通院90日(限度)、休業補償180日(限度)合計で365万円が保険金として支払われました。

スポンサードリンク

実はこの職人さん、とうとう仕事復帰できず、後遺障害まで認定されました。

現在、保険会社の認定待ちですが、後遺障害の級によって最高で3、500万円は職人さんの手に入ることになります。

職人さんは自分の勤めている会社さんが傷害保険に入ってくれてたおかげでかなり助かったと思います。

また会社もこの保険金によって会社からのお見舞金となり、助かったことでしょう。

中にはこんな大きなケガをしたのに、何もしてくれないと会社を訴えることだってありますからね。

アリーヤがいる代理店では事業所さんの仕事にあった保険をおすすめしています。

これまでもいろいろな事業所さんから「助かった」と安心を提供できています。

スポンサードリンク