損害保険の保険金と代理店の存在意義とメリット その②

先日、水漏れの事故の報告があり、契約者(事故を起こしたご本人)様から事故の相手(被害者)に私(代理店)から連絡してほしいとご要望がありました。

 

早速、電話したところ、相手(被害者)の方はとても憤慨しており。

スポンサードリンク

 

相手 「代理店だぁ?はぁ~?」

 
私  「○○(契約者)様の事故を担当しております。今回はご迷惑をおかけしたようで誠に申し訳ありませんでした。」

 
相手 「代理店じゃなぁ・・・・」

 
私  「責任をもってご対応させていただきたく、少々お聞きしたいことがあるのですが、今、お時間大丈夫ですか?」

 
相手 「代理店じゃ話にならん!!保険会社から電話させろ!」

 
私  「保険会社との橋渡しをさせていただいておりますので、今回はお話しさせていただけないでしょうか。」

 
相手 「無理無理!!しかも代理店で女じゃ話にならん」

 
私  「わかりました。保険会社と相談させていただき保険会社担当よりご連絡させていただきます。」

 
相手 「ガチャ!!!!!」

 
相手の方は被害者でもあり、とても感情的に粗々しく、怒りに満ち、お話になりませんでした。

 
感情的ですから、得も損も考えずに、行動に移されたのでしょうね。

 
ですから頭にもきません。

 
ですが、代理店を通した方がいろいろ便利なのに。。 と思い、お気の毒でした。

 

 

スポンサードリンク

水漏れして階下の住人に弁償!損害保険で何ができる?

損害保険というのは、様々なことを想定して総合的に損害を補てんするということを目的にしているケースもあるので、なにか不都 合が起きてしまったら、ついていないとか、何でこんなことになるんだというようことだけでなく、あきらめないことです。

スポンサードリンク

契約したときの損害保険のパンフレットを見直して、少しでも可能性があるのであれば、保険会社に問い合わせするのが一番ですよ。

ご家庭の損害保険というと、加入する保険は火災保険が一番多く、次いで自動車保険ということではないでしょうか。

中には、ゴルフでホールインワンに備えての保険に加入する人や自転車に関係する損害を補てんするものに入っている人もいらっし ゃるんです。

 

注意点ですが、火災保険を中心とした保険では、単に火災が起きてしまったら、それが原因の損害を補てんしてもらうことを目的にしたものだけでなく、付帯する項目を対象としているケースが案外多いということです。

たとえば、何か器物を破損してしまった場合の補填といった場合です。

そして、意外と忘れてしまうのが、マンションなどで階上の家からの水漏れで、タンスが水浸しになったとか、畳がふやけてしまったとかの被害が出たときの補償です。

こうした水漏れの場合は、ご家庭で気づいて、上の階の方に連絡しますので、上の階の方は何らかの保障を用意します。

でも、それでおしまいにしがちですが、保険でカバーできるケースもあります。

名称は様々ですが、団地保険などというような場合はまず間違いなく項目が入っています。

また、こうした保険の場合は、自分の家で洗濯槽から水漏れを起し、階下の家に損害を与えてしまったというような場合も損害保険 でカバーできるようになっています。

水漏れだけでなく、たとえばお風呂の風呂釜ですが、水を浴槽に張らずに沸かしてしまうと、風呂釜がダメになってしまうことがありますが、こちらは火災保険でカバーしてもらえることが一般的です。

スポンサードリンク

前述の団地保険的なものでなくても、一般的に風呂釜事故は火災保険の範囲内ということなのです。

家庭生活では、様々なことが起こりがちです。

子供が遊んでいて、よその家の窓ガラスを割ってしまったとか、

小さなお子さんにけがをさせてしまったとか、

運悪く空き巣に入ら …

損害保険の保険金の支払いや事故対応について知っておくべきこと

損害保険の保険金の支払いや事故対応について、すこしお話しますね。

スポンサードリンク

損害保険は、自然災害や交通事故などで被害を負ったしまった場合に、保険金の支払いを受けることができるものです。

たとえば、今回残念なことに熊本の大地震では多くの方が大変な目にお会いになっています。

それで、私の知り合いで損○ジャパンの社員さんは、現地にここ数週間常駐しなければならなくなっていらっしゃいます。

これは地震保険の保険金を査定するためなんですね。

損害は、全保険者の保険料から賄われています。

自分に起きる損害を填補するものや、相手に損害を負わせてしまった場合に、その損害を填補するものがあります。

損害保険を契約するには、まず保険商品を選ぶ必要があります。

同じ枠にある保険でも、保険料や保険金の限度額が異なります。

基本的に、保険料が高ければ高いほど、補償は手厚くなる傾向にあります。

ただし、賢く保険契約を結ぶためには、必要ないオプションは削って、保険料を抑えることも重要です。

例えば、自動車の損害保険には、対物や対人補償を無制限のプランにすると、保険料は高くなってしまいます。

しかし、無制限でない場合、相手を死亡させてしまったり、重傷を負わせtしまった場合の賠償金は、とても個人では支払うことができないもの
となる可能性は否定できません。

スポンサードリンク

そのため、できる限り削らないほうが賢いでしょう。

しかし、自動車保険でも、保険対象となる年齢の設定は、変更したほうが良い場合もあります。

基本的に、免許取りたての人は事故を起こしやすいという統計がありますので、対象年齢をすべてに設定すると、保険金が高くなってしまいま
す。

しかし、自分しか自動車に乗らないというのであれば、30歳以上を対象とするプランなどに設定しておくと、保険料はかなり安くなります。

自分以外に載らないのに全年齢に設定しておくことは、賢い判断ということはできず、無駄な出費を伴うこととなります。

以上のように、減らすべき点は減らし、減らすべきではない点は減らさないのが、損害保険では重要な選択となってきます。

また、損害保険選びでは、保険金を支払うこととなる保険会社の事故対応、つまり保険代理店などを加味して、選択するように心がけましょう。

事故対応は、迅速であればあるほど、トラブルを早期解決することが可能になる点で優れていますし、オペレーターとスムーズに意思疎通がで きたほうが、使い勝手が良いといえるでしょう。

この辺の情報は、公式サイトなどからは判断することができません。

しかし、口コミや保険のアドバイザーなどの情報から、その点は判断可能です。

もちろん、そのような評価は、人によって受け取り方は異なるので絶対的ではありませんが、全く情報がない場合には貴重な情報となります。

そのため、それらを参考に、自分に合った損害保険や評判のよい保険代理店を選ぶようにしましょう。…