損害保険の保険金が減額されるケース その②

保険金を獲得するための豆知識として前のページでもご紹介しましたように、保険金が減額されるケースについてさらにつづきをご紹介しますね。

損害保険は「物保険」とも言われております。

スポンサードリンク

賠償責任保険や火災保険適用の事故で「物」が壊れたり、壊したりしたときに減額されることもお話ししておきましょう。

たとえば・・・・・

子供が近所のお友達の家に遊びにいって、そのお宅にある、大事な花瓶を壊してしまったとしましょう。

小さな安ものの花瓶なら、お友達のお宅の方も「まあ、ケガなくてよかったじゃない」とか

「安物だし別にいいわよ、気にしないで」

なんてことで終わることですが、

それがかなり高価なもので、買ったときは100万円だったから弁償してください・・・・

なんていわれてしまったら!!

該当の保険に入っていなければ・・・・

しかたありません、弁償するか、ばっくれるか???

該当の保険に入っていれば、もちろん代理店などに連絡して「事故の報告」をすることになります。

でも、ちょっとまってください。

保険に入っているから言われた通り「100万円」出ると思いますか?

それが出る場合もあります。

でも出ない場合もあるのです。

それが、保険の対象物に対する「減価償却率」なのです。

減価償却表

買って6か月以内であれば全額でますが、5年以上たっていれば50万円しかでません。

でもたいていの場合、いつ買った?領収証はある?と聞いてもほとんどありません。

だから事故の報告をする際に、なるべく短い期間内で買ったと言うのがお勧めです。

もっといい方法をお伝えすると、ネットで検索すること、です。

これ、お勧めです。

同じものを検索し、なるべく定価のものを探して保険会社に提示するのです。

でも、これはわからない場合のみですよ。

わかってて、ずるをしたらいけません。

一応・・・・・言っておきますね(笑。

ずるはいけませんよ。一応ね・・・・・

あと、事故があったらなんでも必ず写真とりましょうね。

これも大事なことです。

証拠になりますから。

スポンサードリンク

損害保険の保険金が減額されるケース

今回は、保険金が減額されるケースについて前もって知って頂けたらと思い、保険金を獲得するための豆知識をご案内しますね。

損害保険の保険金を満額受け取ることができず、減額されてしまうことがあります。

スポンサードリンク

本来支払われるべき保険金なのに、なぜか満額がもらえないという状況に驚く方もいらっしゃいます。

しかし、保険金を満額もらえない理由はいくつかあり、その場合の多くはケガをした方、つまり被害者に何らかの過失がある場合なんです。

例えば、傷害保険を例にすると、入院や通院、手術に関する保険金が支給されるだけでなく、後遺障害、死亡保険金などが支給されます。

逆に保険金が下りないケースとしては、

酔っ払い運転によるケガ、

故意のケガ、

ケンカや自殺行為に伴うケガ、

医師などが客観的に判断できない症状などの場合は下りることがありません。

天変地異によるケガの場合には天災に関する特約に入っていれば認められます。

そうではなく、普通にケガをしてしまった場合でも、減額されることがありました。

一般的に考えられるのは通院に関する保険金でした。

通院に関するものが払われた条件として、平常の業務、もしくは平常の生活に支障がない程度まで回復してからの通院に関しては支払わないというもので、この条件は損害保険会社の多くで採用されていました。

判断が損害保険会社によって分かれたことから、最近になり約款などでこうした要件を削除し、分かりやすいものが採用されています。

以前は通院に関する部分で減額がなされたということです。

しかし、通院日数の長期化が進み、結果として保険金が多く払われている現状をみると、再び通院に関する要件が厳しくなることもあるため、損害保険会社の動向に注意しています。

他に減額されるケースとしては、

自賠責保険において、被害者にいくらかの非が認められた場合です。

過失割合が被害者側に7割以上ある場合には減らされることがあります。

7割以上の過失割合になるケースとしてあげられるのは、

もし歩行者であれば、歩行者側の信号が赤であったにもかかわらず横断をしてしまった場合、

車などの場合には、一方通行の逆走、優先道路ではない道路から進入しようとして発生した事故などです。

その場合、死亡や後遺障害の場合には20%以上50%以下、ケガの場合には20%減らされることになります。

損害保険会社などの任意保険ではもっとシビアになり、

加害者側、被害者側の過失割合に応じて減らされてしまいます。

何も過失がない場合には減らされるということはなく、たいていの場合は何かしらの落ち度がある時に該当します。

ですから、私ども保険代理店のお客様が加害者ならば、相手の被害者側の落ち度を探して差し上げます。

逆に、被害者であれば、お客様がいかに落ち度がなかったかを主張していきます。

このように、代理店はお客様の利益を第一に考えるわけです。

ですから保険代理店の役割は重要なんです。。。

って、又代理店の宣伝になってしまいました、ごめんなさい。

スポンサードリンク

損害保険の保険金詐欺って簡単そうでも罪はこんなに重い

自然災害や怪我や盗難など万が一の場合に備えて入っている損害保険ですが、この世界にも詐欺は存在します。

損害保険の種類としては火災保険や地震保険・傷害保険などさまざまあり、その中でもやはり自動車の損害保険の保険金詐欺は多いですね。

故意に自損事故を起こし、怪我の治療をするからと入院や通院をして保険金を騙し取るのです。

スポンサードリンク

規定により、入院治療を行なうとなると最高で1日15000円の治療費が損害保険料として支払われます。

1ヶ月入院するだけで45万円と働く以上に高額のお金を手に入れることができます。

複数の保険会社に入っていた場合には保険金は重複して受け取ることができます。

3社なら3倍の金額が手に入るのですからその額は半端ないのです。

自動車保険の保険金詐欺が横行する理由はいくつかあります。

生命保険を騙し取るより見入りは少ないのですが、その分難易度が低く、発覚するリスクが低いのです。

交通事故が起きて保険会社に請求するということは日常的にある出来事であり、そこまで深く追求されることはありません。

怪我による痛みの感じ方は人それぞれで、痛みが曳かないから入院すると言われて加害者側がそれを断ることは難しいです。

収入の大部分は歩合制であるという保険会社の営業マンが、ノルマを達成するためにも不正に協力するケースもあります。

入院費や治療費を手に入れようと医師が協力することだってあるんですよ。

スポンサードリンク

ただ、損害保険料には精神的苦痛は含まれておらず、怪我の治療のための治療費・入院費・通院費と車の修理代、損害を与えた物品などがそれにあたります。

どれも実損として計算できるもののため、裏づけの無い金額を請求しても通ることはありません。

心配であれば、病院の評判を調べてみたり、弁護士に相談してみたりするのもよいでしょう。

日本損害保険協会にはインターネットや電話で情報提供するホットラインもあります。

万が一不正に受け取っていた場合は刑法第246条の詐欺罪にあたります。

執行猶予はつかず実刑は免れません。

最高で10年以下の懲役刑に科されるのです。

不正を行なっている人は同じような手口で何度も行なっていることが多いので、調べるとこれまでの不正もすべて調べることができるかもしれません。

さまざまな万が一に供えて保険に入っておく必要はありますが、悪質な手口にだまされないように注意する必要はあります。

被害件数はどんどん増えていっているのが現状なんですよ。

スポンサードリンク

損害保険の保険金と代理店の存在意義とメリット その②

先日、水漏れの事故の報告があり、契約者(事故を起こしたご本人)様から事故の相手(被害者)に私(代理店)から連絡してほしいとご要望がありました。

 

早速、電話したところ、相手(被害者)の方はとても憤慨しており。

スポンサードリンク

 

相手 「代理店だぁ?はぁ~?」

 
私  「○○(契約者)様の事故を担当しております。今回はご迷惑をおかけしたようで誠に申し訳ありませんでした。」

 
相手 「代理店じゃなぁ・・・・」

 
私  「責任をもってご対応させていただきたく、少々お聞きしたいことがあるのですが、今、お時間大丈夫ですか?」

 
相手 「代理店じゃ話にならん!!保険会社から電話させろ!」

 
私  「保険会社との橋渡しをさせていただいておりますので、今回はお話しさせていただけないでしょうか。」

 
相手 「無理無理!!しかも代理店で女じゃ話にならん」

 
私  「わかりました。保険会社と相談させていただき保険会社担当よりご連絡させていただきます。」

 
相手 「ガチャ!!!!!」

 
相手の方は被害者でもあり、とても感情的に粗々しく、怒りに満ち、お話になりませんでした。

 
感情的ですから、得も損も考えずに、行動に移されたのでしょうね。

 
ですから頭にもきません。

 
ですが、代理店を通した方がいろいろ便利なのに。。 と思い、お気の毒でした。

 

 

スポンサードリンク

損害保険の保険金と代理店の存在意義とメリット その①

損害保険とは、偶然の事故等によって発生した損害に対して保険金が支払われるもので、
大きく分けて自動車保険、火災保険、傷害保険、賠償責任保険があります。

スポンサードリンク

 

損害保険は、保険を契約する人と保険会社の間に契約によって成立し、
保険契約者は保険料を支払うことで事故の際の損害に対して保険会社から保険金を受け取ることができる
という基本的なこと、カチカチの常識的なことを最初にお話ししておきます。
退屈で、つまらなくてごめんなさい。

 

最近はインターネット等を使って保険会社が直接販売、契約をすることができるものが数多くありますが、どうして直接販売できるのかは話が長くなりますので次の機会にゆずることにいたします。

 
店頭へ出向く手間がなくお手軽ともいえますね。

 
従来から、保険会社から業務の委託を受けた代理店が保険会社に代わって様々な保険を販売しています。

 
自動車販売会社や修理会社、住宅販売会社などが付帯サービスの一環として代理店業務を行っていることも多く、商品購入の際に併せて保険契約を行うことができるというメリットもあります。

 
また最近は各社の保険商品を取りそろえ、比較販売する保険の窓口的な専門の販売店も保険会社の代理店として大型スーパーのテナントなどでよく見かけるようになりました。

 

損害保険の取り扱いは非常に多種多様化また高度化、複雑化しており、現在は特に保険を取り扱う代理店に対する厳しい教育やコンプライアンスの徹底などに業界をあげて取り組み、契約者はより安全に目的に合った内容の保険契約ができるようになっています。

 

スポンサードリンク

 
損害保険は生命保険と違い、基本的に事故の実損害に対して保険金が支払われる性質のものですので保険金額や保険料は適正な金額の算出が求められます。

 
代理店はその保険が契約者にとって適切であるようアドバイスし、保険商品の説明や重要事項の説明、告知事項の受領などを行った上で保険契約を締結します。

 
この契約に従って保険会社は保険契約を遂行していくことになります。

 

また、損害が発生して保険会社に保険金を請求する場合、どのように手続きしてよいか、事故の処理はどうしたらよいかなどわかりにくいことも代理店に連絡してアドバイスを受けたり手伝ってもらったりしてもらえます。…

解体作業中ビル4階からパネル落下、通りがかりの女性に!

このところ少々硬いお話をさせていただいていましたがそろそろ、アリーヤが実際担当した事故のお話をしましょう。

 

スポンサードリンク

はらはらしてくださいね。
というのも実は今回の事故はテレビのニュースでも流れました。
こちらとしてちょっと参ったのが○チャンネルの掲示板で、話題になってしまったことです。
場所の詳細は言えませんが、解体作業中に、風がふいて解体工事中のビルの4階部分から大きなパネルが落下したまたま下を自転車
で通りかかった女性がケガをしたという事故です。
契約者様サイドから一報がはいったとき、思わず「生きてる?」と言ってしまいました。
普通に考えても、そんなに高いところから大きなパネルが落下したら大きな事故になるはずです。
もし車だったら?

全損全壊で間違いないでしょう。

しかも、車ではなく人です。

女性です。

・・・・・・・結果は・・・・・・
当初は少々のケガだけでした。

大事をとって救急搬送されましたが、入院することもなく帰宅されたそうです。

それでもケガはケガです。

今はたいしたことなくても、自動車事故のようにあとから首や背中がいたいとか、いろいろな状況を考えないといけません。
案の定、二日ほど経ってから首の異常を訴えてきました。

スポーツ指導的なお仕事をされていたので身体が柔らかく運のいいことにうまく避けることができたので、大きなケガにはならなかったようです。(日頃から鍛えておくのは必要だなと感じてしまったアリーヤです)

 

スポンサードリンク

お仕事もしばらく休まれたので、保険金としては

○通院保険金

○医療費実費(交通費含む)

○慰謝料(自賠責水準)

○休業補償
休業保険金をもらうためにはいろいろな書類が必要となります。
お勤めしている会社に証明書を書いてもらうのですが案外めんどくさいものです。…

自動車保険の保険金裏話

自動車保険の保険金裏話といっても、すでに知っている方もいらっしゃって裏話にならないかもしれませんが、確認のためにもきいてくださいね。

スポンサードリンク

ご存じのとおり損害保険には、火災保険や地震保険、自動車保険に傷害保険などさまざまな種類がありますが、自動車を運転する人にとって自動車保険は身近な保険です。
自動車の保険には、強制加入の自賠責保険と、任意加入の保険がありますが、一般的に自動車保険といった場合は、ドライバーが自分で選択することができる損害保険のことを言います。
自動車は、人間が運転して数十キロ以上の高速で移動するため、時には事故が避けがたく発生します。

自動車事故が起きてしまったとき、片方が一方的に悪いということはほぼなくて、双方の過失度合いを計算して、それぞれの損害を補償しあう、過失相殺という方法がとられています。
また、損害保険は、リスクに応じて保険料が決まるのが原則ですが、自動車保険はリスクを細分化して、条件によって保険料を決めることができるのが特徴です。
たとえば、一般的に事故が多いとされる若い人が運転する。

とか、本人や家族以外の第三者が運転する

とか、自損事故による損害を補償するかどうか、

事故の際の保険金はいくらにするか

などの条件を一つ一つ決めることで、保障内容を充実させたり、保険料を抑えたりすることができます。

事故が起きてしまった場合、自分と相手方の損害額の合計に、過失割合をかけた金額が、事故で負担すべき額ですが、保険金の支払いを受けると、翌年からはノンフリート等級が3段階下がり、保険料の割引率が低下=保険料が高くなります。

スポンサードリンク

 

保険金の金額の大小にかかわらず、割引率が下がることは変わらないので、損害金額の自己負担が小さい場合は、保険金を受けるよりも、自分で負担してしまったほうが有利になる場合もあります。
たとえば、保険金として5万円支払われても、翌年以降の保険料が、保険を使わなかった場合に比べてそれ以上に高くなってしまうときは、自費で負担したほうが有利です。
また、損害保険の会社は、交通事故に関して、過去の事例を基に過失割合のデータベースを持っています。

よく言われるのが、車が停止しているときにぶつかられた場合と、ま後ろから追突された場合を除いて、動いている車の過失がゼロはあり得ないといわれています。
しかし、実際には、運転者が十分な注意をしていても避けられない事故もあります。
そんな時に、損害保険会社の担当者が使う裏話が、過失割合9:0です。

 

過失割合は、一方の過失が0なら10:0、半分ずつなら5:5というように、合計が10割になるように計算するのが原則です。
過失割合10:0は、停止中か、ま後ろからの追突に例外的に適用されるもので、厳格な条件がありますが、それ以外で、運転者の過失が限りなく低い場合に、過失が大きいほうの運転者が、相手方に賠償を求めることを放棄します。
それによって、十分な注意をしていた運転者は、自分の車の損害については、相手から9割弁償を受けて、1割を自己負担する一方で、相手方への賠償責任は負うことがなくなるわけです。

スポンサードリンク

損害保険の保険金の支払いや事故対応について知っておくべきこと

損害保険の保険金の支払いや事故対応について、すこしお話しますね。

スポンサードリンク

損害保険は、自然災害や交通事故などで被害を負ったしまった場合に、保険金の支払いを受けることができるものです。

たとえば、今回残念なことに熊本の大地震では多くの方が大変な目にお会いになっています。

それで、私の知り合いで損○ジャパンの社員さんは、現地にここ数週間常駐しなければならなくなっていらっしゃいます。

これは地震保険の保険金を査定するためなんですね。

損害は、全保険者の保険料から賄われています。

自分に起きる損害を填補するものや、相手に損害を負わせてしまった場合に、その損害を填補するものがあります。

損害保険を契約するには、まず保険商品を選ぶ必要があります。

同じ枠にある保険でも、保険料や保険金の限度額が異なります。

基本的に、保険料が高ければ高いほど、補償は手厚くなる傾向にあります。

ただし、賢く保険契約を結ぶためには、必要ないオプションは削って、保険料を抑えることも重要です。

例えば、自動車の損害保険には、対物や対人補償を無制限のプランにすると、保険料は高くなってしまいます。

しかし、無制限でない場合、相手を死亡させてしまったり、重傷を負わせtしまった場合の賠償金は、とても個人では支払うことができないもの
となる可能性は否定できません。

スポンサードリンク

そのため、できる限り削らないほうが賢いでしょう。

しかし、自動車保険でも、保険対象となる年齢の設定は、変更したほうが良い場合もあります。

基本的に、免許取りたての人は事故を起こしやすいという統計がありますので、対象年齢をすべてに設定すると、保険金が高くなってしまいま
す。

しかし、自分しか自動車に乗らないというのであれば、30歳以上を対象とするプランなどに設定しておくと、保険料はかなり安くなります。

自分以外に載らないのに全年齢に設定しておくことは、賢い判断ということはできず、無駄な出費を伴うこととなります。

以上のように、減らすべき点は減らし、減らすべきではない点は減らさないのが、損害保険では重要な選択となってきます。

また、損害保険選びでは、保険金を支払うこととなる保険会社の事故対応、つまり保険代理店などを加味して、選択するように心がけましょう。

事故対応は、迅速であればあるほど、トラブルを早期解決することが可能になる点で優れていますし、オペレーターとスムーズに意思疎通がで きたほうが、使い勝手が良いといえるでしょう。

この辺の情報は、公式サイトなどからは判断することができません。

しかし、口コミや保険のアドバイザーなどの情報から、その点は判断可能です。

もちろん、そのような評価は、人によって受け取り方は異なるので絶対的ではありませんが、全く情報がない場合には貴重な情報となります。

そのため、それらを参考に、自分に合った損害保険や評判のよい保険代理店を選ぶようにしましょう。…

保険金の査定が甘いタイミングはいつ?

スポンサードリンク

保険会社は年度末に向けて、保険金未払いの案件を早く片付けなければ、金融庁から「お目玉」をもらってしまいます。

だから年度末の保険金支払いはいつもより迅速に完了します。

いつもならちゃんと精査して、間違いのないようにきちんと!!

もちろんこれが理想ですが、年度末になると、支払いが終わっていない部分について代理店に連絡が入ります。

賠償事故などで、ちょっと高すぎの請求じゃない?

なんて思うものも、案外簡単に払ってくれます。

アリーヤは難しい賠償事故などは、実をいうと年度末まで待ってしまうこともあります。

小難しいことを言って、少しでも減らして払おうとする保険会社がいとも簡単に「支払完了しました」と連絡してくるのです。

どこの保険会社かは言えませんけどね・・・・

ここだけの話ですよ~

スポンサードリンク

事故った!認知症の患者をハネタラ保険金はどうなる!?(その2)

 

 

スポンサードリンク

 

 

しばらくして保険会社の担当からアリーヤに電話が入ります。

担当「ぐずぐずと伸ばしてもまだ因果関係がはっきりしてませんからこの際、ここで打ち切りにしますか?」

アリ「保険会社さん決算期だから、決着つけたい気持ちはわかりますが被害者さんのこと思うと、もう少し待っていただけません?」

担当「わかりました、アリーヤさんがそういうなら待ちます。私も上司から決着早めろって言われてて・・・」

アリ「私から上司さんに連絡しますよ、ちゃんとお願いしますよ」

担当「助かります。じゃ、待つ方向で・・・・」

アリーヤがここで終わらせちゃいましょうって言ったら?

終わります。

そのまま因果関係がはっきりしなければ・・・・

「はい!終了!」

もらえるものもらえなくなっちゃったら・・・・

アリーヤはそれだけはイヤ!

保険金はでるだろうか???

(後日報告しますね。)

 

スポンサードリンク

 

 …