職人が高さ3メートルのリフトから落ちて重症しかも後遺障害!傷害保険の保証は?

工事現場の写真

昨年のある暑い夏の日

建設業に従事している職人さんが暑さのため、少しボーとしたのでしょう。

荷揚げ用のリフトに乗って荷物を高所に移動しているときに、あやまって3メートルの高さのリフトから落下してしましました。

スポンサードリンク

 

「多発骨折」

「脊髄損傷」

「神経因性膀胱」

頭は無事でしたが、身体中ボロボロです。

職人さんはもちろん生命保険に入っていましたので入院、手術については生命保険より保険金が出ます。

そのほか、職人さんの勤めている会社が「業務災害」の傷害保険に入っていました。

この保険はお仕事中にケガをしたときに出る保険です。

労災保険ももちろん適用になりますので、そちらのほうから医療費は出してもらえます。

労災保険からは休業補償もでますから、安心ですね。

労災保険加入は普通、会社は入っていなければなりません。

でも案外入っていない事業所さんてあるんですよね。

また入っていても労災を使いたくない!!という事業所さんもあります。

「業務災害」傷害保険は実は労災適用があろうとなかろうと保険金はちゃんと支払われます。

今回のこの職人さんは、入院が215日、手術2回、通院90日(限度)、休業補償180日(限度)合計で365万円が保険金として支払われました。

スポンサードリンク

実はこの職人さん、とうとう仕事復帰できず、後遺障害まで認定されました。

現在、保険会社の認定待ちですが、後遺障害の級によって最高で3、500万円は職人さんの手に入ることになります。

職人さんは自分の勤めている会社さんが傷害保険に入ってくれてたおかげでかなり助かったと思います。

また会社もこの保険金によって会社からのお見舞金となり、助かったことでしょう。

中にはこんな大きなケガをしたのに、何もしてくれないと会社を訴えることだってありますからね。

アリーヤがいる代理店では事業所さんの仕事にあった保険をおすすめしています。

これまでもいろいろな事業所さんから「助かった」と安心を提供できています。

スポンサードリンク

自動車の保険料が4倍に跳ね上がる事故って!?

これは代理店に相談せずに、直接保険会社に連絡したことにより起こったことです。

スポンサードリンク

自動車保険のご契約者様で、今まで事故は一度もなし!

違反くらいはしていたかもしれませんが、事故など起こしたことない、保険会社にとって大変優良なお客様でした。

ところが、ある日小さな事故を4回も起こしてしまいました。

コンビニの駐車場から出るとき、バック操作を誤って、隣の駐車中の車にドスン(1回目)。

あわてて立て直そうとして、一度止まってハンドルを切り返したら、今度は反対に駐車していた車にドスン(2回目)。

あらあら・・・・・ヤバ!!!

逃げる気はございませんので、一度車から降りてみたものの、このままの状態で駐車しておいては、これから入ってくる車や人に迷惑をかけると思い、また乗り込んで、また車をもとに戻そうとして、最初の車にまたドスン(3回目)。

あ~~~どうしよう!!

パニくってアクセルとブレーキを間違えて踏んでしまい、たまたま入ってきた車にドスン(4回目)。

同じ場所での事故なので、一回の事故と考えてしまいがちですが、一度止まっての切り替えしなので4回の事故になってしまいます。

 

スポンサードリンク

 

哀れ・・・・・自動車保険の無事故等級はあっというまに12等級下がります。

18等級でしたが4等級の割増になってしまい、保険料は4倍近く上がってしまいました。

ですから、クラウンの大型ですから年間9万円ですんだものが、36万円の保険料になってしまったのです。

事故を起こすとたいていの人はあせってしまい、保険会社から、直接、「一度止まって動いたんですね」

といわれると、実際はどうだったか?忘れていても「はい、そうです」と言ってしまいます。

今回の契約者さんもこのように直接、保険会社の人に言われて、そうだと思うといったそうです。

一度止まったほうが良い運転手と思われるかも?といいかっこして、言ってしまったのですね。

大きな間違いでした。

最初の事故のとき、バックを誤って両隣の車にぶつけた(1回目)。

あせってアクセルとブレーキを間違えて入ってきた車にぶつかった(2回目)。

といえば、

せめて2回で済み、等級は1回の事故で3等級下がりますから6等級下がるだけで済んだはずです。

6等級さがれば12等級になり保険料はすこし高くなりますが、倍以上にはなりませんでした。

代理店はそこのところをちゃんと、事故を起こした人の気持ちになってあせらず、ゆっくり話を聞きますから。

せめて代理店を上手に使えばよかったのです。…

事故った!認知症の患者をハネタラ保険金はどうなる!?(その2)

 

 

スポンサードリンク

 

 

しばらくして保険会社の担当からアリーヤに電話が入ります。

担当「ぐずぐずと伸ばしてもまだ因果関係がはっきりしてませんからこの際、ここで打ち切りにしますか?」

アリ「保険会社さん決算期だから、決着つけたい気持ちはわかりますが被害者さんのこと思うと、もう少し待っていただけません?」

担当「わかりました、アリーヤさんがそういうなら待ちます。私も上司から決着早めろって言われてて・・・」

アリ「私から上司さんに連絡しますよ、ちゃんとお願いしますよ」

担当「助かります。じゃ、待つ方向で・・・・」

アリーヤがここで終わらせちゃいましょうって言ったら?

終わります。

そのまま因果関係がはっきりしなければ・・・・

「はい!終了!」

もらえるものもらえなくなっちゃったら・・・・

アリーヤはそれだけはイヤ!

保険金はでるだろうか???

(後日報告しますね。)

 

スポンサードリンク

 

 …

事故った!認知症の患者をハネたら保険金はどうなる!?

アリーヤはいろいろな損害保険の事故を担当していますが、どんな事故にもいろいろなドラマがあります。

先日、信号のない交差点で、自転車が急に横断してきたためブレーキが間に合わず人身事故を起こしてしまいました。

自転車に乗っていたのは、60代後半の男性です。

スポンサードリンク

過失は自転車にもありますが、保険では、弱者のほうが過失は軽減されます。

普通に考えれば、全面的に自転車が悪いみたいですけど、残念ながら、自動車のほうが悪くなるのです。

「予見できたでしょ?」

「自転車見えてたでしょ?」

さて、この自転車に乗っていた男性は救急車で運ばれ、かなり長い期間入院となりました。

「脳挫傷」という診断です。

自動車保険では示談交渉をしてくれますから、保険会社の担当者が全面的にこの男性との話し合いになるのですが、面倒なことに彼は「若年性認知症」だったのです。

つまり「徘徊」しているときの事故だったのですね。

退院したあと、さらに「認知症」が悪化することになりました。

大変なのは奥様です。

スポンサードリンク

本人と話し合いができないので、奥様との話し合いになります。

ここで担当者は奥様の愚痴を聞きつつ、示談にむけて話をすすめます。

ここで問題なのは・・・・・

事故がなかったら認知症はさらにすすまなかったか?

事故がなかったら奥様も苦労しなくてすんでいたか?

保険会社の事故担当がよく使う言葉があります。

「因果関係は?」

つまり事故との「因果関係」が認められれば、認知症の悪化の部分の慰謝料も保険金として出してもらえます。

それを認めるのは、お医者さんです。

この事故に関しては、まだ「因果関係」がはっきりしておらず解決とはなっていません。

奥様のためにも早い解決と保険金支払いを願うばかりです

スポンサードリンク

保険代理店に対して怒ったら損!

ある会社のAさんが仕事中、車で、ダンプのBさんと接触事故がありました。

駐車中のBさんだったので、もちろんAさんの過失は100%です。

お二人とも会社の車です。

スポンサードリンク

アリーヤも丁寧にBさんに電話をして「保険対応となりますので、もしBさんのほうでなじみの修理業者さんがいらしたらそちらに入庫していただけますか?

その際に保険会社のアジャスターがうかがわせていただきます」

この言い方なんかムカつきます?

Bさんは私の言い方に対して

「ムカつく言い方するんじゃねえよ、こっちは仕事で使ってるダンプなんだから修理工場になんか持っていけるわけないだろ!お前が見にこい」

というのです。

スポンサードリンク

「私は代理店なので、保険会社からうかがわせていただきたいのです。もしお時間がなければ、御社で駐車している場所を教えていただければ、仕事場でもかまいませんので伺います」

この言い方間違ってます?

「見にきてる間仕事できないだろ、その場合休業損害もらうからな」

と言われて「ガチャ!」切られました・・・・

しばらくして急に私宛に請求書がファックスで送られてきます。

ダンプの修理代金49万円です。

たかが・・・・ダンプの後ろのほうちょっと壊れただけで????

思わず電話します。

「修理代金の請求書が送られてきましたが、もっていってくださったんですね。おっしゃってくだされば、保険会社の人間をいかせましたが、お忙しかったのですね」

丁寧にいったつもりですが???

「オレは忙しいところ、わざわざ修理の見積もりだしにいったんだ!修理なんてまだしてないよ。忙しいからできるわけなけないだろ、何度言ったらわかるんだ、お前は!

!ホント気に入らないヤツだな」

「は?私がですか?」

「お前だよ!!修理工場にもっていった休業損害1日9万円払えよ」

「払えないですね、言われた金額は払えませんので、書類を用意していただき一日9万円の根拠がないと無理なんです」

「じゃ、おしまい!ガチャ!」

契約者のAさんの会社に連絡して、今回はあちら、おしまいといってますと言ってみるとなんとAさんとBさんの会社は知り合いだったのです。

しかもAさんの会社の下請けがBさんなのでした。

今までのこと全部はなしてみると、Aさんの会社の上司の方がでてきて「ほっといていいよ、こちらも仕事たのまないし、訴訟でも起こしてもらいますか」…

自転車事故での損害

「交通ルールは守りましょう」

車の運転手は必ず左側通行します。

でも・・・・・・

スポンサードリンク

自転車や歩行者は交通ルール守っていますか?

歩行者は右側通行
自転車は左側通行

わかっているんだけど、ついつい曲がりやすいからとか、
目的の場所がこちら側にあるし・・・・・

ま・・・・警察もあまりそこのところ注意はしてないみたいですけど、

アリーヤは事故の担当してからというもの、しっかり守ってますよ。
それって、自分を守ることでもあるんです。

事故があったとき、相手のせいにできますもん!!

先日、自転車の衝突事故がありました。
片方は直線道路左側をゆっくり走行していましたが、
左道路から右側走行の自転車が突然出てきて、ぶつかったのです。

警察に届け出をしましたが、悪いのはもちろん右側走行車です。

お互いにケガをしましたが、保険に入っていなかったため
保険金は何もでませんでした。

でももし、入っていたら、右側走行者なにも出ませんよ。

交通ルールは「道路交通法」という法律で決まっているということを、
お忘れなく!!

そういえば、小学校の遠足で駅に行くため、歩いている小学生の団体が
左側をぞろぞろと歩いていました。

世話焼きアリーナはもちろん、一番前までいって、先生に注意しましたよ。

スポンサードリンク

自転車保険が必要な自転車事故の事例とその怖さ

自転車保険って現在は、代理店では扱いができなくなっています。

どこかの組合とかの団体に入っていれば、そちらの共済自転車保険ってのがあります。

またはコンビニでも自転車保険売り始めましたよ。

なぜアリーヤはこんなこと言うのか!

スポンサードリンク

自転車保険って大事なんです。

前に自動車保険の特約で付帯できる「個人賠償責任」

これはあくまで、自転車用でいうならば、自転車にのっていて他人をケガさせてしまったとか、何かのものを壊してしまったとか、そういうときに保険金支払いの対象となるのです。

自転車に乗っていて自分自身がケガをした「傷害」についてはなにも出ません。

でも自転車保険なら?・・・・・

まず自分自身のケガのための入院・通院が一日いくらででます。

だいたい90日から180日までが限度です。

もちろん亡くなったり、後遺障害が残っても大丈夫ですよ。

ただ、自転車に乗っているときの保障ですから、歩いていてはダメなんです。

お尻を自転車に乗せていることが条件なんですね。

合わせて生命保険の医療保険に加入していれば、入院した場合ダブルで支払われます。

そして「個人賠償責任」も必ずといっていいほど、特約として付帯されています。

前に、ニュースでも話題になった高校生が老人と自転車で衝突して、老人が亡くなった事故がありました。

裁判所はこの事故の損害賠償金を4000万円と定め、きっと高校生の親はお金を工面して払ったのでしょうか?

あるいは保険に入っていたのかもしれません。(詳細は不明です)

自転車事故が増えていることは、全国的にも問題になっております。

アリーヤは絶対的に自転車保険あるいは自動車保険の「個人賠償責任」をおすすめしたいのです。
(火災保険や傷害保険でも特約としてつけられます)

スポンサードリンク

自動車保険の約款って何?

約款(やっかん)ってご存知ですよね。

これがやっかい・・・・・(オヤジギャクかい)

保険用語や難しく回りくどく、わかりにくいったらありゃしない!

アリーヤもこの仕事始めたとき、こいつにであってチンプンカンプン!

では、チチンプイプイ!!

わかりやすく説明しましょう

スポンサードリンク

え?わかってるよって?

わかっている人もわかってない人もちょっとつきあってね

対人、対物ってその名のとおり、対人は人を車でケガさせちゃったとか、悲しいけど亡くなってしまったとかですね。

対物は「物」を壊しちゃった!

「物」は実は愛してやまない飼い犬や飼い猫も該当しちゃうんです。

人身傷害って最近(ていっても何年も前)よく聞きません?

これはもちろん車に乗っていて(同乗者も)ケガしちゃったり、亡くなったり、そんな時に給付金として出ます。

でも保険会社によっては日常のケガも対象となることもあります。

ほとんどの保険会社はお車に搭乗しているときのみですけど、

で・・・・この人身傷害のいいところってのが、事故があって、過失割合がでたとします。

あなたの過失は20%、相手は80%の場合、ケガで相手から保障してもらえる金額は、損害金が100万円だとしても過失割合ってので、80万円が限度となります。

残りの20万円は自腹ですが、この人身傷害に加入していることにより、残りの20万円はご自身の保険からいただけちゃうわけです。

定額給付金は会社によって異なりますが、10万円から30万円まで選べます。

事故であなたや搭乗者が入院、通院の時に先に一時金として出ます。

この特約つけると保険料高くなりますので、よく考えてくださいね。

車両保険ですが、「一般条件」と「車対車限定」の特約がメインとなります。

「一般条件」はご自身の車の損害はなんでも出ます。

免責(自己負担額)を0円にしておけば、設定した保険金内で修理代金が支払われます。

「車対車限定」はその名前のとおり、事故の相手の車がわかっていれば、保険の対象となります。

自分でガードレールにぶつけちゃったってのは対象外ですよ。

スポンサードリンク

先に「特約」でおススメしたもので、「相手車全損時差額費用」(保険会社によって言い方が異なります)事故の相手の車の査定額が30万円なのに、(査定額は保険会社が決めます)修理代が50万円かかったよ~~というときに、これをつけていないと保険会社は30万円しか払ってくれません、差額の20万円は自腹となってしまうのです。

でもこの特約をつけていると、差額も保険会社が払ってくれるから安心です。…

自動車保険加入のポイント

テレビCMでよく見る「通販型自動車保険」

これって安いですよね、

でも誰でも入れると思ってます?

スポンサードリンク

通販型はまず、人を選びます。

車を選びます。

事故を起こしてしまったら入れません。

年齢によってはいろいろな特約に入らないといけないケースもあります。

入れれば安くていいですよね

アリーヤは代理店に勤めているくせに、たまに事故がまったくなく、等級も進んでいて、人間的にもいい人には実は薦めてしまうこともありです(会社には内緒だよ)

さて、アリーヤの薦める保険の形は・・・(普通の損保会社的な)

対人・対物はもちろん無制限

対物自己負担額は0円

人身傷害は3000万円

定額給付金はなし

車両はつけるなら「一般条件」ね

自己負担額(免責)は0円が理想です。

ここでつけて欲しい「特約」

相手車全損時差額費用と弁護士費用

そして、もしどこにも特約で入っていなかったら個人賠償も

おすすめ自動車の特約の個人賠償は、すべて示談交渉してくれます。

他の保険の特約でつけてある個人賠償は自分で示談しなければなりませんから要注意です。

この特約つけても年間で2000円くらい高くなるだけですから(等級にもよります)

アリーヤったら簡単に言ってるけど、意味わからないよって?

了解!!!詳しくは次回でいいかしら~~

スポンサードリンク

 

 …

自動車事故で注意すること

自動車事故が起きるとあせります。

誰でもあせります。

よっぽど慣れた方ならあせらないでしょうが・・・・

スポンサードリンク

まずは前に書いたように、自分の車は動いていたか?

お互い動いていたら、自分は悪かったか?

交差点だったら信号の色は?

優先道路?

相手が人だったら歩いていた?

自転車?自転車を押して歩いていた?

つまり少し、他人事のような気持ちになって冷静になることです。

相手が怒っていても、冷静に・・・・・

一緒に怒ったら損です。

事故がおきたらまず、必ず警察をよびましょう

ただ・・・・・・ポイントは・・・・・

もし!駐車場内の軽い事故や、絶対的に自分が悪かったり、

相手が普通の人で話がわかる人であれば警察を呼ばなくても

保険はちゃんと手続きできますから大丈夫です。

警察を呼ぶというのは、人身だったり、相手がヤバいんじゃない?

なんて人だったり、大きな事故っぽいかも!

つまりあとでワサワサもめないようにするための「おまわりさん」って思えばいいのです。

人身事故の場合は絶対的に警察を呼んでくださいね。

保険会社的にいうと後で面倒です。

今の自動車保険は「示談交渉」がついています。

だからといって人身事故やって保険会社におまかせ・・・なんて

誠実さには欠けますよね。

スポンサードリンク

相手が入院してたら一度はお見舞いにいきましょう。

そのときに「保険会社に後はまかせますので、よろしくお願いします」

「お大事に・・・」の一言はいいましょう。…