高級車の損害保険について

超高級車の損害保険についてもお話しておいた方がいいですね。

スポンサードリンク

高級車を乗っているばかりに、保険の申し込みを嫌がられたお客様もいらっしゃるんです。

損害保険というのは交通事故や自然災害によって損害が生じた場合の費用を補償してくれる保険です。

病気や怪我・死亡など人に関わるアクシデントは生命保険でカバーするので、損害保険は車や住まいなどの「モノ」に対して掛けます。

車は高い買い物で、現金一括購入ではなくローンをかけて少しずつ支払う人も多いです。

高級車やスポーツカーともなると更にそのお値段はぐんと上がり、万が一のアクシデントがあった場合には損害をカバーするのに普通車以上に
高額な費用がかかります。

そのためどちらの車にせよ損害保険への加入はしておいた方がよいのですが、保険料は一般車よりも高級車の方が一般的に高くつくことも考え
に入れてから購入すべきです。

ただ、高級車と言っても損害保険の保険料はピンからキリまであります。

外車ならフェラーリやポルシェやメルセデスベンツのSクラスなどは高くなりますが、同じ外車でもファミリータイプや準高級車レベルなら保険
料も段階的に安くなっていきます。

国産車のなかでもスポーツカータイプのものは高いです。

年間100万円以上、月額10万円を超えるような車がいくつもあるのです。

どんなに高級な車であっても原則的には損害保険に加入することができるとされています。

ただ条件によって拒否される場合もありますし、超高級車は一切取り扱いませんという保険会社もあるため,ある程度大手のところを探しだす必
要はあります。

ほんとのこといって、どの損害保険会社でも超高級車の保険は受けたくないようですよ。

高速道路で小さな石が車体にぶつかっただけで、修理費がうん十万円というのが当たり前なのが超高級車です。

スポンサードリンク

だいたい車両本体の時価額が1000万円がボーダーラインとされています。

それ以上になると加入審査を受けなければならなくなるのです。

契約者の車の保管状況や周辺の治安などを調べて保険を受けなければならなくなるケースが大いに考えられる場合は断られることもあることを
、納得しておいたほうがいいですね。

たとえば、増水しやすい河川が傍にあって浸水のかのうせいがあるかどうかなども調べます。
また、過去1年以内に事故を起こしている、等級が6以下であるなどの理由で断られたりもするので、とにかく安全運転を心がける必要がありま
す。

どんな車でも加入できるという原則はあくまで原則なのです。

高級車を手に入れようとしたら購入資金だけでなく保険料を含めた維持費も考えなければなりませんし、保険に加入すること自体難しくなって
いるのです。
ある程度、乗りこなせていて等級が上がっているベテラン層は優遇措置もありますが、車が好きだからと若いときに高い車を手に入れたとした
ら苦労することになりますので、ご注意くださいね。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です