損害保険の保険金の支払いや事故対応について知っておくべきこと

損害保険の保険金の支払いや事故対応について、すこしお話しますね。

スポンサードリンク

損害保険は、自然災害や交通事故などで被害を負ったしまった場合に、保険金の支払いを受けることができるものです。

たとえば、今回残念なことに熊本の大地震では多くの方が大変な目にお会いになっています。

それで、私の知り合いで損○ジャパンの社員さんは、現地にここ数週間常駐しなければならなくなっていらっしゃいます。

これは地震保険の保険金を査定するためなんですね。

損害は、全保険者の保険料から賄われています。

自分に起きる損害を填補するものや、相手に損害を負わせてしまった場合に、その損害を填補するものがあります。

損害保険を契約するには、まず保険商品を選ぶ必要があります。

同じ枠にある保険でも、保険料や保険金の限度額が異なります。

基本的に、保険料が高ければ高いほど、補償は手厚くなる傾向にあります。

ただし、賢く保険契約を結ぶためには、必要ないオプションは削って、保険料を抑えることも重要です。

例えば、自動車の損害保険には、対物や対人補償を無制限のプランにすると、保険料は高くなってしまいます。

しかし、無制限でない場合、相手を死亡させてしまったり、重傷を負わせtしまった場合の賠償金は、とても個人では支払うことができないもの
となる可能性は否定できません。

スポンサードリンク

そのため、できる限り削らないほうが賢いでしょう。

しかし、自動車保険でも、保険対象となる年齢の設定は、変更したほうが良い場合もあります。

基本的に、免許取りたての人は事故を起こしやすいという統計がありますので、対象年齢をすべてに設定すると、保険金が高くなってしまいま
す。

しかし、自分しか自動車に乗らないというのであれば、30歳以上を対象とするプランなどに設定しておくと、保険料はかなり安くなります。

自分以外に載らないのに全年齢に設定しておくことは、賢い判断ということはできず、無駄な出費を伴うこととなります。

以上のように、減らすべき点は減らし、減らすべきではない点は減らさないのが、損害保険では重要な選択となってきます。

また、損害保険選びでは、保険金を支払うこととなる保険会社の事故対応、つまり保険代理店などを加味して、選択するように心がけましょう。

事故対応は、迅速であればあるほど、トラブルを早期解決することが可能になる点で優れていますし、オペレーターとスムーズに意思疎通がで きたほうが、使い勝手が良いといえるでしょう。

この辺の情報は、公式サイトなどからは判断することができません。

しかし、口コミや保険のアドバイザーなどの情報から、その点は判断可能です。

もちろん、そのような評価は、人によって受け取り方は異なるので絶対的ではありませんが、全く情報がない場合には貴重な情報となります。

そのため、それらを参考に、自分に合った損害保険や評判のよい保険代理店を選ぶようにしましょう。

それでも、特別にお悩みの場合には、アリーヤにご一報頂ければ、ご返事するかもしれません。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です