損害保険の保険金と代理店の存在意義とメリット その①

損害保険とは、偶然の事故等によって発生した損害に対して保険金が支払われるもので、
大きく分けて自動車保険、火災保険、傷害保険、賠償責任保険があります。

スポンサードリンク

 

損害保険は、保険を契約する人と保険会社の間に契約によって成立し、
保険契約者は保険料を支払うことで事故の際の損害に対して保険会社から保険金を受け取ることができる
という基本的なこと、カチカチの常識的なことを最初にお話ししておきます。
退屈で、つまらなくてごめんなさい。

 

最近はインターネット等を使って保険会社が直接販売、契約をすることができるものが数多くありますが、どうして直接販売できるのかは話が長くなりますので次の機会にゆずることにいたします。

 
店頭へ出向く手間がなくお手軽ともいえますね。

 
従来から、保険会社から業務の委託を受けた代理店が保険会社に代わって様々な保険を販売しています。

 
自動車販売会社や修理会社、住宅販売会社などが付帯サービスの一環として代理店業務を行っていることも多く、商品購入の際に併せて保険契約を行うことができるというメリットもあります。

 
また最近は各社の保険商品を取りそろえ、比較販売する保険の窓口的な専門の販売店も保険会社の代理店として大型スーパーのテナントなどでよく見かけるようになりました。

 

損害保険の取り扱いは非常に多種多様化また高度化、複雑化しており、現在は特に保険を取り扱う代理店に対する厳しい教育やコンプライアンスの徹底などに業界をあげて取り組み、契約者はより安全に目的に合った内容の保険契約ができるようになっています。

 

スポンサードリンク

 
損害保険は生命保険と違い、基本的に事故の実損害に対して保険金が支払われる性質のものですので保険金額や保険料は適正な金額の算出が求められます。

 
代理店はその保険が契約者にとって適切であるようアドバイスし、保険商品の説明や重要事項の説明、告知事項の受領などを行った上で保険契約を締結します。

 
この契約に従って保険会社は保険契約を遂行していくことになります。

 

また、損害が発生して保険会社に保険金を請求する場合、どのように手続きしてよいか、事故の処理はどうしたらよいかなどわかりにくいことも代理店に連絡してアドバイスを受けたり手伝ってもらったりしてもらえます。

 

突発的な出来事があるとなかなか冷静に判断し行動することは難しいものです。

 
損害保険は保険金という経済的な安心はもちろんのこと、そうした精神的な安心にも大きく貢献します。

 
契約の手軽さや保険料の安さも重要ですが、そういった総合的な事故解決の為の手段として、具体的に事細かく気軽に相談できるということも考えた上で保険加入の代理店を選択することも大切です。

 
そこで、損害保険の代理店の存在意義は重要なんです。

 
保険金を請求するのでも、保険会社に請求するのですが、個人で請求すると損することが多いからです。

 
万が一に備える保険ですから。。。

 

ということで、今回は常識的なことで、退屈でしたでしょうが、次回は具体例を交えてお話させていただきます。

 

 

スポンサードリンク

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です