損害保険の保険金が減額されるケース その②

保険金を獲得するための豆知識として前のページでもご紹介しましたように、保険金が減額されるケースについてさらにつづきをご紹介しますね。

損害保険は「物保険」とも言われております。

スポンサードリンク

賠償責任保険や火災保険適用の事故で「物」が壊れたり、壊したりしたときに減額されることもお話ししておきましょう。

たとえば・・・・・

子供が近所のお友達の家に遊びにいって、そのお宅にある、大事な花瓶を壊してしまったとしましょう。

小さな安ものの花瓶なら、お友達のお宅の方も「まあ、ケガなくてよかったじゃない」とか

「安物だし別にいいわよ、気にしないで」

なんてことで終わることですが、

それがかなり高価なもので、買ったときは100万円だったから弁償してください・・・・

なんていわれてしまったら!!

該当の保険に入っていなければ・・・・

しかたありません、弁償するか、ばっくれるか???

該当の保険に入っていれば、もちろん代理店などに連絡して「事故の報告」をすることになります。

でも、ちょっとまってください。

保険に入っているから言われた通り「100万円」出ると思いますか?

それが出る場合もあります。

でも出ない場合もあるのです。

それが、保険の対象物に対する「減価償却率」なのです。

減価償却表

買って6か月以内であれば全額でますが、5年以上たっていれば50万円しかでません。

でもたいていの場合、いつ買った?領収証はある?と聞いてもほとんどありません。

だから事故の報告をする際に、なるべく短い期間内で買ったと言うのがお勧めです。

もっといい方法をお伝えすると、ネットで検索すること、です。

これ、お勧めです。

同じものを検索し、なるべく定価のものを探して保険会社に提示するのです。

でも、これはわからない場合のみですよ。

わかってて、ずるをしたらいけません。

一応・・・・・言っておきますね(笑。

ずるはいけませんよ。一応ね・・・・・

あと、事故があったらなんでも必ず写真とりましょうね。

これも大事なことです。

証拠になりますから。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です