交通事故や損害事故を避けるために対策すべき重要5項目とは

スポンサードリンク

① 横断歩道での信号待ちの時、道路際から3~5歩後ろに立つ

横断歩道では走行中の車がなにかあって歩道に突っ込んでくることがあります。

そんなとき、後方にたっていればすぐに逃げられます。

② 高所での工事している場所は避けるか、常に注意する

解体工事や改修工事など最近は高層マンション等が多いため、上からものが落ちてくることがあります。

小さな工具ひとつでも高所から落下してくればその威力は殺人的でもあります。

③ 運転中は常にスピードを出している車に注意する

ほとんどの事故はスピードによるものです。

巻き込まれないようにするためには極力近くには寄らないことです。

スポンサードリンク

④ 対向車線が渋滞のときは、車の間から人がでてくるかもしれないと思う

対抗車線が渋滞で、当方車線がガラガラでついついスピード出しがちですが実はこれがとても危ないのです。

お年寄りや子供などが急に出てきたりします。

死亡事故はひんぱんに起こっております。

また自分が歩行者の場合も気を付けて渡らなければなりません。

ちゃんと横断歩道を渡れば問題のないことです。

⑤ バスやタクシーには注意する

バスやタクシーは人を乗せています。

人が降りた後に事故が起こっています。

バスの場合は死角になる場所があり、人がいないと思って走行してみるとびっくり急に前に人がたっていて、はねてしまったというケースがあります。

 

アリーヤが実際に仕事で扱ってきた事故の多いものだけを抜粋しました。

小さな事故はたくさんあり、ほんとは5項目で収まりはつきませんがまずは、みなさんに気を付けていただきたいことをまとめてみました。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です